メニュー

  • お知らせ
  • 毎年恒例 「OB企業講話」 を開催しました

お知らせ

仙台デザイン専門学校お知らせ一覧です。

毎年恒例 「OB企業講話」 を開催しました

2018.09.05

就活真っ最中の2年生が、職業講話に参加しました。

 

今回は講師として、
アイ・プロジェクト:代表 大内まさ敏様、㈱プルメ・デザイン・ラボ:代表取締役社長 徐碩教様、㈱福島民報社 関美奈子様(H24年度卒)、㈱AB企画 成田忍様(H25年度卒)、イラストレーター・漫画家 鈴木昌太様(H25年度卒)にお越しいただき、貴重なお話をたくさん伺いました。

 

現在、直面している『就活への不安』については、
「受けてもいないのに落ちることを考えないで。」とのアドバイスいただきました。

 

クリエイティブな『業界の特徴』については、
「デザイン業界の深夜残業は当たり前、そういうものと覚悟が必要。」などと言いつつも、ユーモアを交えながら、“やりがい”について語ってくれました。

 

柔軟性が必要な『フリーランス』については、
仕事の受注から納品(完成)までの流れなどを分かりやすくお話してくださり、「自分の実力を把握しながらも、失敗を恐れず、好きをとことん追求する。」という、将来、活躍するために必要な心構えも教えていただきました。

 


【在校生の感想】
視野が広がりました。就活は前向きに、勢いをつけて挑まないといけないと思いました。
就活や仕事で辛かったことを笑い話にされていて、自分ももっと積極的に活動しよう!という気持ちになれました。
人の目に留まるイラストの工夫点など、アドバイスを意識して描いていきたいです。
「イラストを描いている側が楽しくなければゲームをするユーザーが楽しいと思う訳がない。」という言葉に心を打たれました。


また、「同じ目標や夢を目指す人がこんなに集まるのは今しかない。
卒業前に全員と連絡先を交換しておくと良い。将来仕事に就いた後、助け合うこともある。」とのお話に、デザインを志す今の環境や友だちとの繋がりがいかに大事か、を実感していました。
仕事への意欲を高め、自分の将来を切り開けるよう頑張っていきましょう!