メイン画像 メイン画像

よくある質問

SENDAI VOCATIONAL COLLEGE OF DESIGN

よくある質問 よくある質問

仙台デザイン専門学校についてのよくある質問をまとめました!

入学編

出願区分で異なります。詳細については、同ホームページの『入学案内』、もしくはパンフレット同封の募集要項をご確認ください。

"学科全体での定員は決まっていますが、コースごとの定員は設けていないため、締め切り日もしくは全体の定員を満たすまでは全コースで出願を受けます。
ただし、受付期間中でも定員になり次第締め切ります。
万が一定員に達しそうな場合はホームページ等で事前にお知らせいたしますのでご確認ください。"

"理由のある欠席(病気やケガによる入院や通院など)は、入学選考の際に考慮しています。
ただし、理由の不明確な欠席が多い場合や入学後欠席が多くなる心配がある場合、面接試験を行う場合があります。"

本校の入学試験は基本的に書類審査で行うため、筆記試験はありません。ただし、AO入試でエントリーされた方は、面接もしくは課題での審査があります。
詳しくは「入学方法」のAO入学試験制度をご覧ください。

ご入学いただけます。出願時に提出していただく調査書は、出身高校のものが必要ですのでご注意ください。※卒業後数年経っている場合、調査書が発行できない場合があります。その場合は出身高校に相談の上、代わりになる書類をご提出ください。

本校は『専門課程』を設置しているので、原則として高校卒業以上もしくは同等の学力を有する方が入学対象です。詳細については、同ホームページ内の『入学方法』ページもしくはパンフレット同封の募集要項に記載されておりますのでご確認ください。

出願のタイミングです。募集要項の入寮申込書を、出願書類一式と合わせて提出してください。ただし、出願の時期によってはすでに満寮となってしまっている可能性もあるため、お早目の出願をお勧めします。

推薦、AO入試は大学や他校との併願はできません。併願をしたい場合は一般入試にて出願をお願いします。また、AO入試は推薦・一般と比べて開始時期が早く、早期の進路決定が可能な入試です。詳しくは入学方法をご覧ください。

封筒は既定のものでなくても結構です。
書類を折らずに入れられるサイズであれば市販のもので構いません。その際、封筒のおもて面に赤ペンで何が入っているか分かるように記載いただき、簡易書留でお送りください。

認可校です。認可校は、法律で保護されていますので、一定の条件下での専門士の付与や日本学生支援機構奨学金制度の利用、通学定期の適用などを受けることができます。しかし無認可校ではこうした特典は受けることができません。

オープンキャンパス編

特に決まりはありません。私服でも制服でもどちらでも結構です。

必須ではありません。当日の飛び込み参加もOKです。事前に参加する日程が決まっていれば、受付がスムーズになりますので『オープンキャンパス』ページもしくは『仙台デザインLINE公式アカウント』から予約してください。

無料です。オープンキャンパス全日程で新幹線、高速バスが往復無料で利用できる『#青春Express』『交通費支給制度』などオープンキャンパス参加サポート制度があります。必要な持ち物や服装の指定もないので、気軽に来てみてください。

オープンキャンパス参加を希望する方にお住まいの主要駅から仙台まで運行している新幹線、高速バスのチケットをお送りしております。オープンキャンパス全日程で新幹線、高速バスが往復無料で利用できるため、自分の予定に合わせて申込可能!参加したい日程を申し込めば、乗車予定日の2日前までにご自宅にチケットをお届けする、オープンキャンパス参加サポート制度です。
詳細は『#青春Express』ページをご確認ください。

『仙台デザインLINE公式アカウント』に登録し、配信される交通費支給サポートクーポンをオープンキャンパス当日の受付で見せれば、期間中お1人様1回、交通費の支給が受けられる、オープンキャンパス参加サポート制度です。
金額やその他詳細については『交通費支給制度』ページをご確認ください。

オープンキャンパスに参加される際に、その前日または当日提携学生会館に体験入館するものです。
遠方の方でひとり暮らしを体験してみたい方や仙台の街を知りたい、お部屋探しをしたい方におすすめです。
詳細については『#青春Express』ページをご確認ください。

毎月オープンキャンパスは開催していますが開催日程に都合が悪い場合は『平日個別相談会』『休日個別相談会』も開催しておりますのでご活用ください。

年末年始や休暇期間(夏・冬・春休みなど)、土日祝日以外であれば、いつでも見学できます。ただし、曜日や時間帯、応対スタッフの状況によっては、見学できない場合があります。見学したい日時が決まったら、事前に入学案内係(0120-200-941)までご連絡ください。

学費編

初年度は合計103万円程です。ただし、学生個人の所有となるもの、および、学生個々の選択等により必要となる費用(検定受験料等)については実費負担となります。詳細は同ホームページ内の『学費について』もしくはパンフレット同封の募集要項に記載されておりますのでご確認ください。

あります。
詳細については、同ホームページの『学費について』、もしくはパンフレット同封の募集要項をご確認ください。

七十七銀行か郵便局でお振込みまたはコンビニ決済から選択となります。(振込票は募集要項に添付されています)

北杜学園納付金延納制度があります。
詳細は同ホームページ内の『学費支援制度』ページもしくはパンフレット同封の募集要項に記載されておりますのでご確認ください。

資格による特別奨学生は4月上旬まで受け付けしています。
出願後に取得した資格も受付期間に間に合えば、対象になりますので早期に出願して資格取得に励むのも一つです。

親族入学優遇制度や、給付型の奨学金、美術科・コース特待生制度、資格特待生制度、コンクール特待生制度などがあります。
詳細は同ホームページ内の『学費支援制度』ページもしくはパンフレット同封の募集要項に記載されておりますのでご確認ください。

2020年4月から低所得者世帯の方であっても、社会で自立し、活躍することができる人材を育成する専門学校などに進学できるよう、授業料・入学金の減免と給付型奨学金の支給を併せて支援する新しい修学支援制度です。
詳細は『高等教育の修学支援新制度』ページをご覧ください。

本校は対象校です。
「高等教育の修学支援新制度」はすべての専門学校が対象ではありません。
教育内容やカリキュラム、実務経験豊富な教員、質の高い学習環境の提供などを行っている専門学校のみが対象校として選ばれています。

基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。
JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)のHPでシミュレーションすることができます。
『日本学生支援機構 進学資金シミュレーター』をご確認ください。

学校生活編

はい。月曜から金曜の9:50~15:40まで授業があり、基本的に出席していただきます。

服装に規定はありません。ほとんどの学生がカジュアルな服装で通学しています。

アルバイトをする必要がある場合は、担任への届出が必要です。
学業への影響を考慮し、勤務時間や仕事の内容により禁止することがあります。

はい。週に1日校内でカウンセリングを受ける機会があり、本校の生徒であれば誰でも受けることができます。(予約制)

もちろん使えます。本校は宮城県が認可する専門学校ですので、
通学定期などの『学生割引』を利用することができます。

車やバイク(原付含む)での通学は、登下校時の安全を確保するため認めていません。
自転車での通学のみ可能です。通学は公共の交通機関(電車・バスなど)を利用してください。

必要ありません。土足のままで結構です。

学習編

本当です。2年という短い期間でスキルを伸ばすためには、たくさんの課題をこなすことが一番の近道です。

専門的な勉強は、入学後にスタートします。授業では、パソコンの操作方法など基礎を一から勉強しますのでご安心ください。

います。ホームルームの時間もあります。入学時から学生一人ひとりの個性や目標を理解していくので、普段の生活や就職活動などについても、きめ細かく的確なアドバイスができます。

まず疑問点がある場合、できるだけ授業中に解決しましょう。それでもわからない場合は、休み時間などを利用して、教科担当の先生や友達と確認してください。
また、学習に対する不安や悩みは、各クラスの担任が相談に乗りますのでご安心ください。

時間割は決められています。大学のように自分で作ったりはしません。
選択授業は自分で好きな科目を選択できます。

【月曜日~金曜日】
午前、午後に分けて1日2教科(休憩時間あり)
開始は9:50
終了は15:40
昼休みは12:20~13:10

進級時に変更が可能なコースもあります。詳しくは担任に相談してください。
選択授業が豊富にあり、在籍するコースに関わらず様々なジャンルの講座を受講できるので、コース変更をしなくてもやりたい事に自由に挑戦することができます。
※グラフィックデザインコースに在籍しながら、選択授業で同人絵師講座を受講など

ありません。日々の出席と課題によって単位認定を行います。

就職編

います。本校には就職担当の専任スタッフがおり、就職活動の信頼できるパートナーとして、年間を通し就職をサポートしています。

卒業までに就職先が決まらない場合、学生本人の希望に合わせ、卒業後も就職サポートを行います。
就職サポートを活用し、あきらめずに就職活動を継続すれば、自ずと道は開けるものです。

デザイン事務所や広告、WEB、印刷関連が大部分を占めます。一部ゲーム会社へ就職をする方もいます。
詳しくは同ホームページ内の「就職について」をご覧ください。